NEWS

新作短篇小説「遠い日のクエスチョン・オブ・オナー」公開。

2021.09.10

 

ウェブサイト『フットボールとラブソング』で、新作短篇小説「遠い日のクエスチョン・オブ・オナー」を公開しました。

#33「遠い日のクエスチョン・オブ・オナー」
While listening to A Question of Honour
https://football-novels.com/2266/

「アイーダ」を聴きたくなって、ネットで調べようとしたら、「アイーダ」に行き着く前に、この曲でマウスを動かす指が止まりました。サラ・ブライトマンの「A Question of Honour」。音楽ってすごいな、と思うのはこういうときです。聴いたら、日本代表の歴代のメンバーの顔が、ずらっと思い浮かびました。それだけではなく、汗に濡れたサムライブルーのシャツとか、ピッチサイドで吠えるザッケローニとか、ジーコとか。「すべての芸術は音楽に憧れる」という誰かの台詞がありますが、ほんとそれ。この曲をモチーフに、一本書きたいと思って、この話を作ってみました。とても気に入っています。あの旋律に、ちょっと泣きそうになります。